11月の紅葉の季節は京都が一番輝く時期です。

そんな晩秋に、来年の運勢をパワーアップさせる京都開運ツアー。

そんなツアーがあったら、参加してみたいですよね。

紫微斗数、四柱推命で、全国にその名を轟かせる
中島多加仁先生との
京都ほしよみ堂共同企画

京都の開運スポットを巡るお散歩ツアー&開運占い講座が
開催されることが決定しました。

11月26日(土)晴明神社をへて陰陽師カード講座
11月27日(日)河原左大臣ゆかりの地、渉成園そして源融河原院址をへて四柱推命研究会
11月28日(月)銀閣寺や清水寺(未定)をへて、売れるための占い師講座

↓ご予約・お申込みはこちらから!【クリックで開きます】↓

注目ポイントは、開運スポット巡りがついてくること。

中島多加仁先生と一緒に、
京都の開運スポットをゆっくり歩いてまわります。

初日、26日(土)は、
陰陽師・安倍晴明ゆかりの地『晴明神社』を訪れて参詣します。

その後、徒歩+地下鉄を使っておしゃべりしながら移動。


晴明神社

京都ほしよみ堂に到着したら、セミナースペースで
中島多加仁先生の「陰陽師カード講座」を生で受講します。

二日目、27日(日)は中島多加仁先生の先祖にあたる、
河原左大臣こと源融(みなもとのとおる)ゆかりの地を巡ります。


源融公墓所

なぜ京都ほしよみ堂が清水五条の地に作られたのか。

なぜ三条や四条ではないのか。

その理由は、源融ゆかりの地から北東の方向、鬼門の地に京都ほしよみ堂があること。

京都御所にとっての比叡山延暦寺とまったく同じように、

京都ほしよみ堂は、中島多加仁先生にとって

聖地にあたる地点を守護していると考えることができるのです。

鬼門は、異界との境界線。送信と受信をする、霊験あらたかなWi-Fiスポットのような場所。

京都ほしよみ堂がパワースポットであるという説は、
このようなところから始まったのかもしれませんね。

2日目は、パワースポット京都ほしよみ堂で、
四柱推命の開運研究会があります。

3日目、28日(月)は、京都ほしよみ堂に集合して一同清水寺へ。
その後戻ってきて「売れる占い師になるための」講義を受講します!

お楽しみに!